Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< 市場で手に入れた黒豆で染める | TOP | 友人と一緒にタイ中部の長閑な農村へ >>
レモングラスとバラの花で染める
アジア料理でよく使用されるハーブ、レモングラスで染めてみました。
今回、乾燥したものを使ったせいか、色があまり染み出さず、色がほとんど付きませんでした。
それでも、レモングラスのいい香りがするので巻いていて気持ちが良いです。
また、レモングラスは虫よけスプレーなどにも使われるので、
もしかしたら蚊除けの効果があるかもしれません。

乾燥したバラの花を使って、シルク・コットンのストールを染めてみました。
バラの花に含まれている色素は、種類によってかなり違いがあるみたいですが、
煮ている時は、赤みのあるベージュ色、ミョウバンで媒染した時は、赤みのある金色になりました。

左がレモングラス、右がバラの花で染めたストールです。(どちらも媒染はミョウバン)
バラの花はとても美しい色を与えてくれますが、染めムラに相当気をつけなくてはいけません。
posted by tomo | 11:09 | TOMOの染色 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/985
トラックバック