Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< 夏のてまえ | TOP | テーラード襟のバタフライジャケット >>
銀細工との出会い
日曜日のお昼にどうしてもカオソーイを食べたくなり、家から離れたピン川沿いの有名なお店まで足を運んだ。
せっかくここまで来たのだからと、近くで開催している骨董市をキツイ日差しを浴びながら散策した。

その時に出会った銀細工販売のおじちゃんとおばちゃんは何とも言えない魅力的な人たちであった。
少し話をして気が付いたのは、かかあ天下だということだ。おばちゃんは大きな声でとても迫力があるのだが、
商売は謹厳実直そのものである。これを見せて、あれを見せて、これいらない、あれがほしいなど、
ワガママな僕たちに対しても嫌な顔をしないで、丁寧にもてなしてくれた。

長く話し込んでいたそんな折に、銀の器を買い取ってほしいというおばあちゃんが現れた。
店主は器のデザインがあまり好みではなかったが、本人の許しを得て本物の銀かどうか
成分チェックの方法を見せてくれた。

もともと買い物などするつもりはまったくなかったが、アンティークのブレスレットや
面白いデザインのピアスなどもあり、店主の魅力も手伝ってか色々と買ってしまい、
銀行のATMまで片道1キロ以上歩くことになってしまった。
posted by tomo | 13:19 | 北タイで暮らす | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/949
トラックバック