Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< スパンさんの紙漉き工房 | TOP | ユニフォーム制作再来!! >>
心が試される大切な年
少し前の話になりますが、僕たち夫婦は新年の始まりとしてうさとサイアムに
年始の挨拶に行ってきました。うさとサイアムとは、うさとの服を作っている会社で、
以前4年間ほど僕が働かせて頂いた場所です。今では僕がタイに来て11年の歳月、
ここから独立して7年の月日が過ぎています。

ここで沢山の事を勉強させて頂くことができなかったら、また独立時に
応援してくださらなかったら、ここまで仕事を続けることはできなかったハズです。
うさぶろうさん、ソムヨットさん、僕にとっては師であり、僕たちにとっては
言葉で感謝を言い表せないお世話をしてくださった大切な方です。

うさとを独立して7年の月日が経ちますが、いつも暖かく、また話を丁寧に
聞いてくださるのは、何よりもありがたいです。現在では年に数回会えるか
どうかですが、それはそれで良いものです。

すでに新しい年が始まっていますが、世の中の情勢を考えると楽観的に
考えるのも許されない年と思っています。しかしそうであれば尚更のこと、
自分とちゃんと向き合うことが出来るか、周囲とどう丁寧に生きられるかという、
人としての心が試される大切な年でもあるように思います。

posted by | 13:42 | 採長補短の日々 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック