Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< たかが紐、されど紐 | TOP | Tomo Natural Fabrics Image Clip >>
ガジェットの魅力
外に出して着る事を想定したシャツを作る場合、丈の長さや裾のカーブをどうするか?
という課題にぶつかりますが、今回初めて裾にガジェットを付ける事にしました。

ガジェットとは、脇の縫い目が裂けないように補強として付ける小さな布(ムーシェ)
の事ですが、2dayshowsでは菱形の布を半分に折ったタイプのガジェットを取り付けました。

折伏せ縫いの脇では、ガジェットの裾への挟み込みが技術的に不可能なので、
後から縫い付ける方法を採用しました。表と同じラインを縫って、しかも裏もキレイに
縫うのはそうとう難しいのですが、無理を言って縫い付けてもらいました。

ガジェットは補強の意味合いが強いですが、上部にデザインが集中するシャツに対して、
下部にも視覚的なアクセントをプラスするという発想は重要だと思いました。

posted by | 23:58 | TOMOのコンセプション | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/878
トラックバック