Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< yumizuの前掛け | TOP | チェンマイで初めてのオークション >>
麻素材の洗濯物干しのコツ!!
麻素材の服は、しわになるしアイロン掛けが大変だなぁと感じる人は、
すごく多いと思います。また、アイロンのかけすぎは布を傷める原因にもなります。
そこで洗濯のしわを最低限に抑える脱水とハンガー掛けのテクニックを紹介します。

洗濯が終わった後に、一度30秒だけ脱水をします。終わったら服を取り出して、
パタパタと服を叩いてしわを伸ばしてから、適度にたたんで本格的な脱水をしてあげます。


これだけで、脱水後の服のしわはすごく少なくなります。アイロン掛けの事を
考えたら、労力と電力の節約になります。また、一度30秒脱水する意味ですが、
完全に濡れた状態で、しわを伸ばして服をたたむのはとても難しいからです。

また、洗濯物干しのためのハンガー掛けの時に、肩の辺りが伸びてしまう
という失敗を防ぐ3つの方法を紹介します。

仝ではなく、すそでつるす方法です。
すそを上にしてつるすと、肩に変な跡がつきません。洗濯ばさみを使って、
すそを2箇所とめればOKです。

⊃燭鹵罎波省にしてハンガーに掛ける方法です。
これも肩で掛けないので、変な跡がつきません。

8みのあるハンガーを使う方法です。
ハリガネのハンガーより厚みがあるので、肩に跡が付きにくいです。


参考になれば、どうか試してみて下さい。

posted by | 19:29 | TOMOの手掛かり | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/810
トラックバック