Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< お店の暖簾は、、、これ!! | TOP | やっと再生産できました!! >>
チャ−ン島(KOH・CHANG)家族旅行
5月の上旬には、日本の旅の疲れも抜け切らないままだったのですが、
タイのカンボジアとの国境、トラート県からフェリー船で渡った先の島であり、
タイの隠れ家的ビーチリゾートである『チャ−ン島』に休暇に行ってきました。

みんなが日本で仕事をがんばっている時に、ちょっと不謹慎ですが、、、。

今回の旅の幹事は妻のお姉さん夫婦で、しかも始めての家族旅行でもあり、
僕が日本に行っている間にチケットや宿泊などすべてを予約済みだったので、
もはや、僕の疲れや先の日程などは、考慮の余地はありません。

まず、チェンマイから電車でバンコクまで12時間。バンコクから貸切りワンボックス
タクシーで、本土側のトラート県のレーム・ンゴープのフェリー乗り場まで5時間。
フェリーは20分程度ですが、チャ−ン島のサイアム・ベイ・リゾートまでは、
とってもキツイ山道で40分もかかります。

羨ましく思う人もいるかもしれませんが、かなりのハードスケジュールです。
ちなみに2日目には、3つの島にてシュノーケル遊びをする予定も待っています。
こっちは喉が痛いので、口のみの呼吸は難しいのですが、、、、。
しかし、旅費のほとんどを出してもらっているので、文句は言えません。

マレーシアのペナン島には2回行った事があるのですが、タイの海に遊びに行くのは
始めてだったし、海を見れると思うと、なんだか子供みたいにウキウキしました。

フェリーに乗ってる時は、あんまり綺麗な海じゃあないと思ったのですが、
実際にリゾート地に着いた時は、やっぱり南国の海の風景に感動しました。
ああ、こんな場所に別荘を建てられたらなぁ、、、。

さすがに海のリゾートは、チェンマイとは趣が少し違いますが、いいなぁと
思えるちょっとした工夫を感じました。特に気に入ったのは、コンクリートに
葉っぱを押し付けて柄を作る方法です。これは雨で滑りやすくなるのを
防ぐ効果もあります。僕が仮に家を建てるなら、染色材料の葉っぱなどで
柄を作るのもいいかなぁと思いました。マンゴーの葉、ジャックフルーツの葉、
モモタマナの葉など。
来てくれた人に染色の説明をし易いですし、デザインと滑り止めの効果で
一石三鳥。




posted by | 10:06 | 北タイで暮らす | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/725
トラックバック