Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< チョウマメとバラの花 | TOP |
ヌサラーさんの草木染めワークショップ

友達が誘ってくれてヌサラーさんの草木染めワークショップを見学して来ました。

コクタン染めのワークショップと聞いていたのですが、ミロバランの種やカムセードの種、

琉球藍なども使い、色遊びの楽しいものでした。
またジョークやユーモアも交えたタイの会話が素敵な、とても和気あいあいとした

楽しいワークショップでした!最近仕事ばかりだったのでリフレッシュ!!

 

タイの人達はジョークやユーモアのある会話が大好きです

僕ら日本人のように真剣に会話をするのではなく、タイ人の会話は

その場の雰囲気をとても大切にします。

僕もタイに来た当初はそこが全然分からなかったのですが、最近よくわかるようになりました。

 

イエローの服はミロバランの実を煮て染めたもの。

手前の服は確か煮ないで染めたものです。煮るか煮ないかで全然色が変わっていました。

 

ミロバランの種。イサーン地方では葉の部分を使うのを良く見ます。

 

タイ語でカムセー(ド)と呼ばれる植物の種です。

日本名ではリップスティック・ツリーもしくはベニノキ。

染めるとうっすらしたオレンジのようなベージュ色になります。

 

琉球藍。高地でないと栽培が難しいのですが、ヌサラーさんの家の

ラムヤイの木の下にはしっかりと生えていました

葉を手で擦ると手がすごく碧くなって、インディカンを沢山含んでいるのを確認できました。

 

琉球藍を発行させて得た藍。

 

ミロバランの実を煮ているところ。

 

ミロバランの実を煮て得た染液に石灰を混ぜ、布を染めているところ。

 

コクタンの実を潰しているところ。

1ヶ月大きなポリバケツに寝かした実を使っていますが、すごい匂いがします!

 

コクタンの実を潰した後に濾して、灰汁や石灰などを混ぜてから染めます。
藍の酸化とは染め方が違いますが、発酵させる方法などは似ている気がします。

 

植物材料にして染める場合、石灰がけっこう重要だと思います。

石灰も不純物が少ないものを選ばないといけません

 

藍を混ぜたり色々な染め方を楽しんでいました。

posted by tomo | 09:16 | 採長補短の日々 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/1113
トラックバック