Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< ちいさなおすそわけ | TOP | 第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2016に参加しました。 >>
ひょうたん笛の魅力
新年に友人のゴーさんと伊藤さんの東南アジアの民族楽器の音色を聴く機会がありました。

とても美しい音色のひょうたん笛ですが、その背景については今まで詳しくは知りませんでした。
ネット検索をしたら興味ふかい情報が載っており、それが本当なのかどうか?
ひょうたん笛奏者の伊藤悟さんに直接お話を聞ける機会があったので色々と教えてもらいました。

簡略に述べると、ひょうたん笛を吹く伝統は「若者たちの恋愛」そのものなのだそうです。
年齢が適齢期(14とか15歳)に達した少年は、未婚の若者が組織する村の集団に加入し、
老人や先輩、友人から笛を習うのだそうです。

どうして笛を習わなければいけないのか?それは笛を吹けなければ女性を口説くことができないからです。
町で見かけたあの娘を口説くためには、お金や家族の ステータスよりも、笛の実力が必要なのだそうです。
今の世の中では、愛してるとかI Love youとか便利な言葉があるけれど、
笛の音色で愛を伝えるのがひょうたん笛の伝統なのだそうです。

意中の少女の家の裏口の前で。いきなり一人で演奏するのはあれだから、
最初は友達と一緒に、そしてクライマックスはソロで。就寝時だとご両親に迷惑だか ら、
その間際の夕方の時間に少女が戸を開けてくれるまでずっと吹き続けるのだそうです!
そして少女は笛の音色で誰が吹いているのか?どうゆう意味なの か?を理解するのだそうです。

「笛も吹けないのでは家族を養うことはできな い。」笛が苦手な人にはキツイが、ある意味実力の世界。
これは本来の恋愛の姿なのかもしれない。(LINEやフェースブック、チャットで女性を口説いちゃいけない!)
そして驚くべき事に、結婚後は二度と笛を吹くことはないのだそうです。
伊藤さんには、このひょうたん笛のラブストーリー映画、ぜひ作ってほしいです。
ひょうたん笛について 詳しくはココ

posted by tomo | 13:32 | 北タイで暮らす | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/1089
トラックバック