Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< 自然の恵みのおすそわけをいただく喜び | TOP | 蝶と蛾 >>
更にローカルで何もない場所

僕が住んでいる場所も田舎ですが、更にローカルで何もない場所で手織りの布は作られています。
水田とパルミラ椰子が延々と続くだけの何もないところですが、とても落ち着く場所です。

手織り生地の産地であるこの場所でも少子高齢化の波が押し寄せており、
近頃の賃金上昇とも合わさって、収入の多くない機織り(手織り)人口は減少しているそうです。

現実として機織り(手織り)はもっと奥地に行かなければ難しいという状況になりつつあります。

posted by tomo | 08:48 | 北タイで暮らす | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/1078
トラックバック