Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< ボタンとボタンホール | TOP | 更にローカルで何もない場所 >>
自然の恵みのおすそわけをいただく喜び
およそ1年前に引越した当時、とても小さかったゲート付近のバナナも大きくなり、
ちゃんと実がなりました。いつ食べられるのか気にしつつもその存在を忘れて
しまっていたのですが、スタッフはちゃんとチェックしていたみたいです。

さて、いったいどのタイミングで果実をカットして良いのか聞いてみたのですが、
ポイントは3点あるそうです。1つはバナナの果実の先の花の付け根の状態がOKかどうか。
もう1つはグリーンからイエローに変色しかかる色の状態。そして最後は
これ以上時間が過ぎると皮が張り裂けてしまうような状態かどうかだそうです。

ベストなタイミングでカットした後は紐で吊るして3日ほど経てば食べられるそうです。
ちなみにこのバナナはクルアイ・ナムワ−種で、日本でよく見かけるフィリピンのバナナとは違う種類です。

posted by tomo | 10:49 | 北タイで暮らす | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/1077
トラックバック