Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< ヘンプコットンのインディゴ・ラグランコート | TOP | ヘチマ襟のユニセックス・ジャケット(比較) >>
ヘチマ襟のインディゴ・ジャケット
元々はメンズを意識して作ったジャケットですが、
完成した時にデザイン的に見てユニセックスかな?と感じました。
服をデザインする時にデザイン画は描きますが、
シーチングでの製作段階でデザインはよく変わります。
それもドレーピングの醍醐味です。

また、男女兼用で着れるというのは、
これからの服作りの大きな課題の1つになりそうです。

ヘチマ襟のインディゴ・ジャケットM2051B
素材は手織りのコットン100% インディゴ染め
縫製は折伏せ縫い始末など、ロックミシンを一切使わない方法で
縫っているのでとても丈夫です。(
前ボタンは右に付いています。)
サイズは フリー です。 ¥24.840 (本体¥23.000)

この商品は少量生産の生地を使っているため、再生産が難しく数に限りがあります。
※身長168 フリーサイズを着ています。

posted by tomo | 11:36 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック