Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< チョウマメの種を竹の柵に | TOP | ヘンプ&コットンのギャザーチュニック >>
スタンドカラーのインディゴ半袖ブラウス
とても好評な幅の細いスタンドカラーのブラウスですが、人気のインディゴ色で作ってみました。
このブラウスには前後にタックが入っておりますが、それには理由があります。


胸元の小さなタック
デザインもそうですが、着やすさを考えた時に胸元のタックが有効です。
ドレーピングで試作を作った時にわかった事は、ここにゆとりを入れない場合、
このタイプのデザインでは襟元が突っ張ってしまうという事です。

後ろ身頃の小さなタック

身頃と袖が一体になったフレンチスリーブのデザインでは、袖が長くなるとカーブがきつくなり
作図が難しくなります。それをうまく緩和させる方法として、タックを入れております。
また、ここにタックを入れる事で、袖を動かすための運動量も増え、着やすくなる効果もあります。

スタンドカラーのインディゴ半袖ブラウス(F1053C
素材は手織りのコットン100% インディゴ染め
縫製は折伏せ縫い始末など、ロックミシンを一切使わない方法で
縫っているのでとても丈夫です。
サイズは フリー です。 ¥14.040 (本体¥13.000)


※身長168 フリーサイズを着ています。
posted by tomo | 10:44 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック