Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
<< 3wayカラーのラグラン+ヨークスリーブ・ロングジャケット(その2) | TOP | インド藍よ、無事に大きくなっておくれ >>
引っ越しのあいさつ ー新たなスタートー
手元にふらりと舞い降りてきた小さな縁に希望を託し、これから自分で何かを始めて進んでいこうか、
という東京での生活から離れてタイのチェンマイで暮らし始めたのが13年前のことです。
そこから独立し、結婚と同時に夢と希望を胸に服の仕事を始めたのが9年前。
そしてついに念願のマイホームをチェンマイ郊外に購入しました。
 
場所はチェンマイから車で南に30分ほど走らせたサンパトーン郡です。
今まで住んでいた市内のタウンハウスとは違い新しい場所は440坪の敷地があります。
今は雑草ですごい事になっていますが、野菜や植物を育てるための畑用の敷地などもあります。
 
家の購入は、妻がネットで見つけた完成間際で売りに出されていた新築の家を、
冷やかしのつもりで見に行ったのがきっかけでした。そこで出会った場所は本当に理想的なところで、
一からここで始めたい!ここでずっと年老いるまで暮らしたい!という気持ちは夫婦で一致しました。
本当は建設前の住宅地を市内に購入済みでしたがそこを思い切ってキャンセルし、
小さな希望に全力を注ぎ、銀行の条件や購入額の大きさに一度諦めながらも、
一つ一つ課題をクリアーしながら何とか家を購入することができました。
 
実際の購入は11月末でしたがタイでは引っ越しは大きなイベント、一番縁起の良い日を選んで、
きちんとした儀式を済ませるまでは、小さな荷物も運び入れることもできないという決まりがあります。
しかし12月5日がちょうどタイ、日本共にとても縁起の良い日であったため、
あまり月日を待たないで引っ越し作業を進めることができました。
 
友人知人、お世話になっている方を招いて小さな新築パーティーをしようと考えていますが、
師走は誰も忙しいと思うので、1月頃にしようかと考えています。
今回の引っ越しの件は、一部の友人には知らせていましたが、家財や荷物がとても多く、
引っ越し作業にとても時間が掛かったこともあり、知らせが遅くなってしまいました。
 
日本からチェンマイにいらっしゃる機会がある方、近くまで来る用事である方、遠慮なく声を掛けてください。
 tomoより


posted by tomo | 14:27 | TOMOの便り | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.natural-fabrics.jp/trackback/1028
トラックバック