Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
チョウマメとバラの花

チョウマメの花で染めたスカーフ+小さな蕾のバラの花で染めたスカーフです。

素材はシルク+コットン。とても軽く2枚重ねもOKです!

 

posted by tomo | 15:43 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
チョウマメと白昼夢

このスカーフたちは庭に植えているチョウマメ(蝶豆)の花を、

半年かけて少しずつ集めて染めたものです。紫ががったピンク、

緑ががったブルーや薄いブルーに染まりました

 

どうして同じ染色材料なのに色が違うのか?

答えはチョウマメの花に含まれるアントシアニン色素と関係があります。

アントシアニンは、PH が酸性の場合は赤みが強くなり、

アルカリ性の場合は青みが強くなる性質を持っています。

 

草木染めの場合、何で染めたか?と同様に、何を媒染に使ったか?

色材料をどれだけ使ったか?などで色は変化します。

また、湿度や染める時期なども関係したりするので、

これで染めたからこの色になるというわけではない気がします。

今回ピンク系はクエン酸を、緑ががったブルーはベーキングソーダを、

薄いブルーは媒染に何も使わないという方法で媒染しました。

 

また僕が住んでいる場所はまだ地下水を使っているので鉄分を多く含んでおり、

水洗いに関して問題がある事が今回わかりました。ちょっともったいないですが、

水洗いには市販の水を使 いました。

10年前にイサーン(タイの東北地方)で初めて、チョウマメの花で染めた絹糸を見つけて、

いつかこんな色に染めてみたいなぁと思いながらも、大量のチョウマメを使うことはできず、

なかなか実現できませんでした。

 

しかし今回は、毎日少しずつ、半年かけて集める事で、

自分がほしいデイドリーム(白昼夢)色を出 すことができました!

posted by tomo | 12:45 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
ボーダーグレー色のルームシューズ
コチラはボーダーグレー色のレデイースMサイズ(23.5cm)です。
表地はミロバランの葉で染めて鉄媒染したヘンプコットンの手織り生地を使っています。
ヨコ糸に生成り色の糸も併用し、ボーダー柄になっています。
服にするにはちょっとクセのある生地も、ルームシューズならOKです!

posted by tomo | 14:07 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
うぐいす色のルームシューズ
早速ルームシューズを履いています。コチラはうぐいす色のメンズMサイズ(25cm)です。
底が天然ゴムなので弾力性があり歩きやすいです。
表地はミロバ ランの葉で染めたヘンプコットンの手織り生地を使っています。
経糸には生成り色の糸も併用し、ストライプ柄になっています!

posted by tomo | 10:39 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
Tomoのルームシューズが 出来上がって来ました!
メムさんにオリジナルで作ってもらっていた、ハンドメイドのルームシューズが
出来上がって来ました!嬉しいです〜。

表布は手織り草木染めのヘンプコットン生地を使用、底のソール部分はゴムの木の
樹液から作られる天然ゴム100%のプレミアム感たっぷりのルームシューズです!
 
昨日届いて早速ミロバランの葉で染められたうぐいす色を履いておりますがとても快適です。
ソールを天然ゴムにしてもらって正解でした。
 
レディースは、Mサイズ(23.5cm)、Lサイズ(24.5cm)
メンズは、Mサイズ(25cm)、Lサイズ(27cm)を用意しました。
ルームシューズですので、サイズはぴったりではなく、
僕は普段25.5cmの靴を履きますがMサイズでちょうど良い感じです。

posted by tomo | 15:28 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
新作を日本に発送
焦っています。(^-^) 
早くTomoの商品を日本に届けなければ、、、。

今回のメインはコクタン染めのワンピースです。その他、エプロンや
サルエルパンツ、ロングスカートやカシュクール、
新しく自分で染めたシルクコットンの幅の狭いスカーフなどです。

来週初めには日本に送ることができそうです。

posted by tomo | 12:33 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
Tomoのルームシューズ

昨日はハンドメイドの靴を作っているメムさんのスタジオを訪れました。
メムさんとは2年前に
DITPワークショップで知り合った仲ですが、
仕事場を訪れるのは今回が初めて。


一緒に出展していたバンコク・インターナショナル・ファッション・フェアで布製の靴を購入して
実際に使ってみた結果、
Tomoにもルームシューズなどあってもいいかもと考え、
事前にアポを取って生地を2反持参し特注のお願いをして来ました。


靴底はこうしてほしい〜、もう少しここを削ってほしい〜などなど、
こちらのワガママな要求にも嫌な顔をせずに相談に乗ってくれました。
メムさんは、とても姉御肌でナイスな人柄です。

来月の中旬には出来上がるという話なので、とても楽しみです。


追伸:「みんなが良くなる」が僕のテーマです。
人と人とが繋がっていく大切さを痛感しています。
せっかくの出会いですから、チェンマイで真摯にモノづくりをしている
人達と積極的に関わっていこうと考えています。

posted by tomo | 09:07 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
人気カシュクールのショートタイプ
定番アイテムで人気のカシュクールのショートタイプを日本に送ります!
Tomoの服は、ハンガーに掛けている状態と実際に着た時の印象がまったく違います。
なぜならば、ドレーピング(立体裁断)のテクニックにて立体を意識してパターンを作っているからです。

是非一度試着してみてくださいね!(^-^)

posted by tomo | 09:09 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
ターンダウンカラーのメンズ半袖シャツ
Tomoの服も順調に仕上がっています。これは定番のメンズ半袖シャツですが、
今年は襟羽が小さめのターンダウンカラーです。
今までスタンドカラーをメインにしてきましたが、日本の友人の意見や
バンコクのデザイナーさんの意見を参考にさせていただきました。

右側の白っぽい生地は一見同じに見えますが、それぞれ別の生地です。
どちらもチェムさんに織ってもらったものですが、左側はヨコ糸に手紡ぎの糸を
差し込ん で織ってもらいました。

また、右側はヨコ糸を2色の糸を二本引き揃えで織ってもらったものです。
トータル36着ですのでボタンホールとボタ付けだけでも、とっても大変でした!
これらは来週頭に日本に送る予定です。‪#‎TomoNaturalFabrics‬

posted by tomo | 12:01 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
新作のチュニック

今週初めに日本に送った商品の中には新作のチュニックが入っています。
機織りチェムさんに織ってもらった生地ですが、ヨコ糸には自分で染めたコット ンの糸を使っています。
染色材料には正露丸の原料にも使われているアセンヤクの樹脂(鉄媒染)を使っています。
また、チェムさんの手織りの生地は1反32 メートルなので今回の生産は13点のみです。

ちょっと専門的な話ですが、ヨコ糸は染めた糸とそのままの生成りの糸を二本引き揃えで柄を出しています。
技法自体は新しくはないですが、明度の違う糸を 使ってこのような柄を出す方法は、
妻が一年前に自分で考え出したものです。今ではけっこうタイでも見かけるようになっているので
ちょっと複雑な気持ちです が、そうゆう生地を考え出せるのだからすごいと思います。

今回写真で紹介したかったのですが、撮影時間がなくてイラストを描いてみました。
(イラストより実際の丈は長いです。)服のデザインは妻と共同で考えたので、
生地は違いますがchositaにも登場予定です。とてもシンプルなデザインですが、気に入っています。
#‎TomoNaturalFabrics‬

posted by tomo | 18:28 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |