Search this site
飾らないやさしい服を求めて採長補短の日々を慈しむ。
ヌサラーさんの草木染めワークショップ

友達が誘ってくれてヌサラーさんの草木染めワークショップを見学して来ました。

コクタン染めのワークショップと聞いていたのですが、ミロバランの種やカムセードの種、

琉球藍なども使い、色遊びの楽しいものでした。
またジョークやユーモアも交えたタイの会話が素敵な、とても和気あいあいとした

楽しいワークショップでした!最近仕事ばかりだったのでリフレッシュ!!

 

タイの人達はジョークやユーモアのある会話が大好きです

僕ら日本人のように真剣に会話をするのではなく、タイ人の会話は

その場の雰囲気をとても大切にします。

僕もタイに来た当初はそこが全然分からなかったのですが、最近よくわかるようになりました。

 

イエローの服はミロバランの実を煮て染めたもの。

手前の服は確か煮ないで染めたものです。煮るか煮ないかで全然色が変わっていました。

 

ミロバランの種。イサーン地方では葉の部分を使うのを良く見ます。

 

タイ語でカムセー(ド)と呼ばれる植物の種です。

日本名ではリップスティック・ツリーもしくはベニノキ。

染めるとうっすらしたオレンジのようなベージュ色になります。

 

琉球藍。高地でないと栽培が難しいのですが、ヌサラーさんの家の

ラムヤイの木の下にはしっかりと生えていました

葉を手で擦ると手がすごく碧くなって、インディカンを沢山含んでいるのを確認できました。

 

琉球藍を発行させて得た藍。

 

ミロバランの実を煮ているところ。

 

ミロバランの実を煮て得た染液に石灰を混ぜ、布を染めているところ。

 

コクタンの実を潰しているところ。

1ヶ月大きなポリバケツに寝かした実を使っていますが、すごい匂いがします!

 

コクタンの実を潰した後に濾して、灰汁や石灰などを混ぜてから染めます。
藍の酸化とは染め方が違いますが、発酵させる方法などは似ている気がします。

 

植物材料にして染める場合、石灰がけっこう重要だと思います。

石灰も不純物が少ないものを選ばないといけません

 

藍を混ぜたり色々な染め方を楽しんでいました。

posted by tomo | 09:16 | 採長補短の日々 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョウマメとバラの花

チョウマメの花で染めたスカーフ+小さな蕾のバラの花で染めたスカーフです。

素材はシルク+コットン。とても軽く2枚重ねもOKです!

 

posted by tomo | 15:43 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
チョウマメと白昼夢

このスカーフたちは庭に植えているチョウマメ(蝶豆)の花を、

半年かけて少しずつ集めて染めたものです。紫ががったピンク、

緑ががったブルーや薄いブルーに染まりました

 

どうして同じ染色材料なのに色が違うのか?

答えはチョウマメの花に含まれるアントシアニン色素と関係があります。

アントシアニンは、PH が酸性の場合は赤みが強くなり、

アルカリ性の場合は青みが強くなる性質を持っています。

 

草木染めの場合、何で染めたか?と同様に、何を媒染に使ったか?

色材料をどれだけ使ったか?などで色は変化します。

また、湿度や染める時期なども関係したりするので、

これで染めたからこの色になるというわけではない気がします。

今回ピンク系はクエン酸を、緑ががったブルーはベーキングソーダを、

薄いブルーは媒染に何も使わないという方法で媒染しました。

 

また僕が住んでいる場所はまだ地下水を使っているので鉄分を多く含んでおり、

水洗いに関して問題がある事が今回わかりました。ちょっともったいないですが、

水洗いには市販の水を使 いました。

10年前にイサーン(タイの東北地方)で初めて、チョウマメの花で染めた絹糸を見つけて、

いつかこんな色に染めてみたいなぁと思いながらも、大量のチョウマメを使うことはできず、

なかなか実現できませんでした。

 

しかし今回は、毎日少しずつ、半年かけて集める事で、

自分がほしいデイドリーム(白昼夢)色を出 すことができました!

posted by tomo | 12:45 | TOMOのプロダクツ | comments(0) | trackbacks(0) |
本日夏物を日本に出荷します。

夏物のTomoの服を今日、日本に送ります。写真のブラウスは僕がヨコ糸を染めて

チェムさんに織ってもらったコットンの布を使っています。

 

ヨコ糸に手紡ぎの糸と機械紡ぎの糸を交互に差し込んでいるので布に凹凸が生まれ

汗ばむ夏でもサラッと着れるようにしました!

posted by tomo | 04:53 | TOMOの便り | comments(0) | trackbacks(0) |
Tomoの服のボタンホール

Tomoの服のボタンホールは、服を作り始めた10年前からずっと自分で縫っています。

ボタンホールは写真のように見栄えがよくありませんが、それは内側に紙を挟んでいるためです。

手織りの生地は、厚みや密度などさまざまなバリエーションがあり、

ボタンホールを均一に縫うためのアイデアです。

 

使う紙もどれでも良いわけではなく、イタリアのファブリアーノ社の紙がなぜか相性が良いです。

しかし数年前に地元の文房具屋さんからその紙が消えてしまったので、

在庫の手持ちの紙と生地の色とが一緒でない場合もあります。

少し見栄えがよくなくても丈夫な服作りの工夫ですので、気持ちよく使ってもらえれば嬉しく思います。

posted by tomo | 11:57 | TOMOのコンセプション | comments(0) | trackbacks(0) |